陶 器


lor yu-yu


「ローユーユー」

 

シェムリアップにある窯、「ロー・ユーユー(ゆっくりゆっくり窯)」の職人さんたちの手によって作りあげられたマグカップ。上質な土がとれる、カンボジアはコンポンチュナン州の土とシハヌークビル州の土を混ぜ合わせ制作されています。

 

カンボジアの田舎の赤土の道を思い起こさせる素焼きの朱色と、コントラストをつける内側は紬薬を使って白色に。

 

マグカップは大き目の持ちやすい持ち手で、暖かいミルクやコーヒーなどを飲みながら、ほっと一息入れるのにぴったり。

アロマポットはこちらも持ち手がついており、火をともして暑くなったポットを簡単に移動させることも可能です。

ラタンで作られたモノたち


krobai riel village


「クロバイ・リエル村」

 

ラタン(つる)を使った製品を作る村。その村の中にはいくつかの制作グループが存在します。

very berry では、「サルンおばさん」を中心とした村の女性たちにオリジナル製品の制作をお願いしたり、彼女たちが昔ながらに作っている製品を買い受けたりしています。

ヤシの葉で作られたモノたち


korkthnout village handicraft